2019年03月07日

映画「あの日のオルガン」

 今回おすすめするのは、2月22日からロードショーの「あの日のオルガン」。

 何も知らずに観たらラストでびっくりすると思いますので言います、これ実話が元になっています。

 女優の戸田恵梨香さんや大原櫻子さんを初め役者さんの熱演ぶりや記録を元にしたリアルな描写に、いつのまにか引き込まれ、重ね合わせ、ボロボロ泣いてしまいました。
 しかも泣くシーンが人それぞれ違うんですね。保育士さん、地元説明会に携わる職業の人々、子どものいる人、子ども、就職したばかりの人、職場で頑張る人、強い人、弱い人、忙しい人…。子どもからお年寄りまで、色んな人が色んな立場の違いを超えて共感できるのではないかと思います。
 私はどこから泣き始めたのか分からないくらい、割と始めの方から泣くのを堪えるのに苦労しました。
「涙活」というものがあるそうですが、なんだか「人間」に戻されたような気がしました。(泣くことを強制している訳ではありません、念のため)
 また、この映画の中には現代に通じる色んな示唆がふんだんに盛り込まれていると感じました。何度でも見返したい映画です。DVD出たら買おうっと。

上映館
 ユナイテッド・シネマ福岡ももち
 ユナイテッド・シネマトリアス久山
 ユナイテッド・シネマなかま16
 小倉コロナシネマワールド

 いい映画に限って上映される映画館が少ない気がする…。私はトリアス久山に観に行ったのですが、思ったより観客が多かったので、そこは嬉しかったのですが。

 リンク
https://www.anohi-organ.com/
posted by 書記局 at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ

クラッシャー上司 平気で部下を追い詰める人たち

クラッシャー上司 平気で部下を追い詰める人たち
松崎一葉著 PHP新書1080 定価820円(税別)

 みなさんは、『クラッシャー上司』という言葉をご存知だろうか?
 部下を精神的に潰しながらどんどん出世していく人のことだそうで、この本の著者である筑波大学の松崎一葉教授(医学博士・精神科医)が命名したものである。
 ・いわゆる「仕事ができる」タイプであることが多く、個としての能力は高いように見えるが、実際は部下を精神的に追い詰めがら出世している
 ・言葉の暴力で部下を威圧することで自身の部署内の存在感を示す
 ・問題が起きたら、部下などを徹底的に責め、自身の立場を守ろうとする
 ・コミュニケーションに問題があり、上司から部下への一方向のみである
 ・部下をうつに追い込んでも罪悪感を覚えない
 ・「自分は善である」という確信があり、他人への共感性が決定的に欠如している。精神的に未熟。
 等々の特徴があるそうだが、思い当たる節がある人はぜひ本を手に取ってほしい。個人レベルで取りうる対応策が載っている。
 少しでも多くの人にこの本を手に取ってほしいと思うのは、組合へのパワハラ相談者の上司と、本著の事例に出てくる上司がそっくりなのである。
 パワハラ上司は自分の部下の中に、心の病による休職が連続発生することに疑問を覚えないのだろうか?(もちろん、単にその部署の業務の質・量に対して人が足りなさすぎている場合もあるだろうが)
 相談を受ける中で、心に残った言葉がある。
「一番ショックだったのは、パワハラをしていた課長が部長に昇進したことです」
 この相談だけでなく、パワハラ上司は仕事ぶりが評価されていたり、上からの覚えめでたいケースが多い。
 だから被害者はパワハラ課長の上司である部長に相談すれば、「お前が変な奴」で片付けられるのではないか、と恐ろしくて相談できないのである。それはそうだ、部長はその課長を評価しているのだから。
 しかし待ってほしい。パワハラ上司を出世させるということは、さらなる広範囲に病理をふりまく、ということだ。
 そして周囲も「あの人は仕事は捌けているから」「頭が切れるから」「あの人の出世を邪魔してはいけない」と言わんばかりに口をつぐめば、ファシズム組織の出来上がりである。同類の人が評価されるような仕組みであれば、組織全体が病んでしまう。さて、福岡市役所の未来はどうなるのであろう。 
 こういった人達ではなく、地味で地道な努力が評価される組織であってほしい。
 
posted by 書記局 at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ

いじめのある世界に生きる君たちへ

いじめのある世界に生きる君たちへ
 ーいじめられっ子だった精神科医の贈る言葉
  中井久夫著、中央公論新社、定価1200円+税

 友人に勧められてこの本を手に取った。
 著名な精神科医が自らの体験も引き合いに出しながら、いじめがいかに巧妙な人間破壊行為であるか分析し、小学生にも分かるように書かれている。
 具体的な子どもの頃のエピソードが出て来る訳ではないし、感情的に切々と訴える訳でもない。ただハッとさせられる。自分自身の思い出や体験を引き出しながら。
 「人間破壊」
 深く記憶に刻みつけたい言葉だ。
 最近は組合へのパワハラ相談も多い。
 「孤立化」「無力化」「透明化」の三段階のいじめの進行を本著は分析していたが、パワハラも「関係の阻害」という孤立化によく似た手法がある。相手の支配下に置かれ、自分が悪いとすら思っている人もいる。大人社会がこうなのだから、縮図のように子どもの世界で同じことが起きるのは当然である。
 著者は本著の中でいじめを戦争やナチスの強制収容所に例えていたが(なにせ戦中世代の人だ)、私は自然と沖縄のことを思い出した。あるいはヘイトスピーチ。あるいは原発や原爆被害者。
 以下、名護市長の稲嶺進さんの言葉を引用する。
「国民は法の下に平等であるはずなのに、国全体の安全保障のために我慢しろと言われ、特別な地域に生まれたのだから特別な苦労をするのは仕方がないと言われ、沖縄県民は深く傷つき失望してきました。皆の荷物を背負う友に「大変だね。気持ちは分かるよ」と声をかけるだけで友は救われるでしょうか。真の優しさとは共に荷物を背負うことではないでしょうか。私たち沖縄県民が望んでいるのは至極単純なことで、皆様と同じように普通のまちで普通に暮らしたい、ただそれだけなのです」
 自分がいじめられないためにいじめる側に回る者、「傍観」という形でいじめを肯定する者、あるいは他の人と協力し手を差し伸べる者…。
 一人一人が社会の一員として身の回りで起きるいじめにどう行動するかが突きつけられている。
 この本を読むのと読まないとでは、いじめへの対応が変わると思う。
posted by 書記局 at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ

2019年02月07日

すぐに役立つものは

 自治体問題研究所の研究員から送られてくるメールが大変興味深かったので、転載させていただきます。
 毎日新聞(2019年2月2日付)より以下↓

 @沖縄の県民投票「全県実施 声届いた 子供たちの未来のためにも 保育園長らの活動実る」

 *沖縄の子どもたちのために懸命に働いている園長・保育士さんたちの現場の切実な声、喜びが伝えられています。
  
 A「すぐ役立つものは」という野沢和弘・毎日新聞論説委員のコラムです。

 *「何の役に立っているのかわからないが大事なものはある。それを軽視し、すぐに役立つものばかり求めるのは、世の中が危うくなっているときである。」から始まっています。
  経営者の評価・コスト・株価・安倍政権など諸問題に示される最近の世情への鋭い弾劾ですが、統計の不正・操作にも同じもの、底流が流れています。
  野沢論説委員は「土台(基礎)をないがしろにする社会に未来はない」という言葉でコラムを結んでいます。
  私見を結論的に言わせてもらうと「絶対的権力は絶対的に腐敗する」との近代民主主義思想の金言を、証明しているのが現在の日本の現実です。
  衆参両院での3分の2超という絶対与党のまさに絶対的権力下での腐敗が進行中で、隠しようもなく露呈してきています。ただし最初の「全県実施 声届いた 子供たちの未来のためにも保育園長らの活動実る」との記事に象徴されるように、国民は馬鹿ではありません、主権者です。
  
  かねてから主張している「危機とも転換ともなりうるせめぎあいに新しい時代」を、私たちは生きています。

SCAN-1543.jpg
posted by 書記局 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月22日

カッサカサ

 最近の書記局の湿度は毎日こんな感じです。14%。

 どうりで最近、時々ツバが喉に絡んだようにしゃべりにくくなるなあと思っていたら、歳のせいではなかったようです。

 書記局のインフルエンザ流行のピークは12月で終わったはずなのですが、まだまだ油断できません。

 みなさんもくれぐれもお気をつけください。

ONDOKEI.jpg
posted by 書記局 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月28日

平成最後の…

 昨年もこの時期に投稿しました、賃金アンケート(福岡市職労賃金生活改善要求アンケート)。

「毎年恒例の…」でブログにアップするのも芸がないな〜と思っていたら、今年はありました。

「平成最後の…」というネタが。とりあえずコレ言っとけば丸く収まる。

 特に他にはないのですが、昔のアンケートの集計を見ていると時代の移り変わりを感じます…。

 本当に女性職員が増えたな〜、とか。

 設問は、もしかしたら「芸がないな〜」と思われているかもしれませんが、コレでもいちおう執行委員みんなでウンウン唸りながら考えてます。

 このアンケートは、3月に市に提出する要求書に反映するための、大事なアンケートです。

 みなさん、アンケート左上のお年玉くじを忘れずに切り取ってから提出してくださいね〜。

 それではみなさん、良いお年を!

anke_syasin.jpg
posted by 書記局 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月04日

隣人に目を向ける余裕ありますか?

 入管難民法案が自民・公明・維新の賛成で国会審議(衆院)を通過しました。
 外国人労働者のニュースを目にするたびに思い出すのが、10年位前に参加した福岡県平和友好祭(平友祭)に来ていた中国人の女の子たち。
 平友祭は、福岡県内の労働組合や民主団体等の青年が実行委員会を作って運営していた、学習・交流ができる一泊キャンプといったものだったのですが、実行委員会に対して熊本県労連(熊県労)から「参加させてあげてほしい」と要請を受け、3〜4人(うろ覚えですみません)の女性を受け入れることになりました。
 彼女達は「外国人技能実習生」というもので、派遣先の過酷な労働に耐え切れず逃げ出し、熊県労が保護した、ということでした。
 よく分かりませんでしたが、取り敢えず受け入れることにしてキャンプ当日交流してみると(日本語はけっこうペラペラでした)、「真夏のハウス作業で、長時間働かされ、倒れても救急車を呼んでもらえなかった」「脅されていた」「パスポートを取り上げられていた」「時給は数百円だった」「借金をして派遣元に多額のお金を払ったので帰れない」等等、当時は女工哀史という言葉も知りませんでしたが、そんな事があるなんて、とひたすらびっくりしたことを覚えています。
 明るくキャンプで食事(そういえば一緒に餃子を作ったのでした)を作る彼女達の、命が失われなくて良かったなあと思うとともに、彼女達を保護した熊県労には敬意を表したいと思います。
 今では技能実習生も法律上では労働者として扱われているそうですが、今の実態はどうなっているのでしょうか。
 いじめを見て見ぬ振りをするのは、いじめているのと同じこと。
 隣で働く人が人権を侵害されているときに、違をとなえなければ、私たち国民は人権侵害に加担させられてしまうのではないでしょうか。ましてや、次は自分たちの番でないとどうして言い切れるでしょうか。
 私たちにとっても大きな意味をもつこの法案の行方から、目が離せません。
posted by 書記局 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月21日

その未来はいつ来るのか…

「県庁に先越されたー!」と言えたらいいのですが…。

 何年か前に女性組合員さんから、「本庁は子育てしながら働けるところじゃないですよ!」と言われたことがあります。とても残念に思いました。職場にもよるとは思いたいですが…。

 今は両親ともに正規で働いていることも珍しくない時代。男性だって保育園から呼び出しがあればお迎えにいかなければなりません。頻繁に。お子さんが熱を出せば急に仕事を休まなければなりません。頻繁に。

 保育園に入れたから終わりじゃない。仕事のことを考えたら、本当は病児も看てくれるところが欲しい。

 子どもにとって良いかどうかは別にして、そう思わせる人員不足はどうにかならないのかなあ、と思います。

 黙っていてはしわ寄せが弱い方に来るばかり。みなさん、声を上げて一歩でも二歩でも変えていきましょう。 


2018年11月17日付西日本新聞朝刊より

県庁内に託児施設.jpg
posted by 書記局 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月13日

滅びろ!パワハラ・セクハラ・サビ残

 毎年恒例、家族ふれあい地引網&BBQを8/18(土)に開催しました。
 組合は、組合員の方が亡くなった際の通夜・葬儀及び初盆参りに伺うのですが、そのたびにご家族に「労働組合」について知っていただくことの大事さを痛感します。
 今回の家族ふれあい企画では、恒例のスイカ割のスイカに、パワハラ・セクハラ、サービス残業撲滅の思いを込めて、写真のような貼り紙を貼らせていただきました。
 大人たち(組合員)が見守る中、お子さんたちが頑張って滅してくれました。
 大人たちも頑張ります!
スイカ1ハラスメント.jpg 
スイカ2サビ残破壊.jpgスイカ1ハラスメント無事.jpg
スイカ.jpg
posted by 書記局 at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月26日

人材募集してます

地下鉄の吊り広告で見かけてしまった広告。
マイナビ転職EXPO(10月28日)
IMG_5807.JPG笑えない…。
posted by 書記局 at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記