2017年09月06日

No pain, No gain!

 生涯初の災害ボランティア活動は、朝倉市。
 9時半に現地に到着。全く被害のない場所と、建物が埋まっている場所、田畑が土砂で茶色になり、真っ茶色の水が流れる川の風景が急に現れ、息をのむ。

 ボランティアセンターに到着。全国からやってきている社協のスタッフの対応がすばらしい。センターに向かう途中の酒屋さんの店頭に、「ボランティアの皆さんに感謝します」の黒板文字。高等学校門前の「暑い中、ボランティア活動ありがとうございます」の急造看板に胸が熱くなる。

 雨水側溝の土砂出しを任され、15 人で作業。 剣スコップを踏み、土砂を崩し平スコップで地上に出す、てみ(うつわ)で土砂を運ぶ、てみから一輪車に土砂をうつす、一輪車を移動して土砂置き場に。 チームワークの良さに感動。ワタシも15分作業、5分休憩のタイムキーパー役をかって出た。役割分担、適材適所、声かけ、声出し、全ての参加者が力を合わせれば、効率のよい作業ができると実感。

 作業終了後バスの中から、山がところどころ、爪でひっかいたように土砂がむき出しになっているのが見て取れる。被害にあったこの地域はやはり「土砂災害警戒区域」、「土砂災害特別警戒区域」。今まで経験したことのなかった集中豪雨ではあったのだろうが、やはり起こるべくして起こった災害であり、広島土石流災害の地域といっしょである。
 参加した方(おそらく福岡市民)が、「市会議員に『現地に足を運んで欲しい』と言ったが、『忙しい』や『よその地域のこと』と返答された」とのこと。もちろんそんな人ばかりでなく、実際に泥出し作業に従事した議員も知っている。だが、そういう議員がいるのも事実だろう。
 「国は、利益を生む新幹線のような公共工事はどんどんやるが、利益を生まない護岸工事などは、後回しになりがちだ」と以前聞いた。しかし、後回しにした結果、自然災害での経済損失は計り知れない。「危険地域に多数の家が乱立する日本で、命と生活、生業を守る政治が求められている」と実感した。
 ボランティア活動は、少しの助けしかできないかもしれないが、考えなければならないことを、色々提起してくれた。

 また、今後も目えない終点にむかって(しかしゴールはある)日々、通常業務をこなす社協、及び応援の皆さんには、本当に感謝しきり。

 飲料水も昼食も自己責任の世界と割り切り、2Lの水筒を持って行ったが、全部なくなることはなかった。
 作業場所にミネラルウォーターを持って来てくれたボランティアスタッフがいたからだ。数十本のペットボトルを大型のポリ袋に入れて引きずるように持って来てくれた。(これぞ本当の「御馳走」である)
 身体に気をつけて、休みもとって頑張っていただきたいものだ。事実、数分前まで作業場所のマッチングをしていた女性が、「大阪まで」帰って行った光景を目にした。

 この地区が普通の暮らしを取り戻すのはいつのことだろう。

 私たちの行動は小さいものだが、それでも現地の皆さんは本当に私たちの活動が来るのを望まれていた。作業終了後、現地スタッフは、何度も「ありがとう」と言いながら、私たちを見送ってくれた。
 正直、朝は半分仕事気分の初ボランティアだった。(現地の人すみません)しかし、帰るときにはいろいろな方々の思いを身にまとうことができた。まさに「No pain, No gain(苦痛がなければ得られない)」の体験である。

追記:被災地から車で 10 分あまりのところに、原鶴温泉がある。この温泉は極上の泉質「美肌の湯」で有名なトロトロしたお湯。作業後私たちは、近所のお風呂を使わせていただき、全員ほっこり。(原鶴温泉旅館協同組合のご厚意で、避難者だけでなく、ボランティアにも夕方 6時以降は無料の入浴券をいただくことができる)。これを見ても、この地域がボランティアを待ち望んでいることがわかる。
posted by 書記局 at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月05日

朝倉市ボランティア

皆さん、お久しぶりです…
投稿がなかなか滞っています…スミマセンm(_ _;)m

先週、組合員と一緒に二日間、朝倉のボランティアに行ってきました!
写真も一緒に掲載したいところなのですが、作業風景の写真撮影は禁止と
なっておりますので、今回は活字のみでご容赦下さい・・・。

これまでも多くの方が業務支援やボランティアに従事されていると思います。
本当にお疲れ様です。

被災地は未だに土砂が民家や建物の周り、屋内に堆積しているという状況です。
これまでも多くの方がボランティアに入っているというのにそれでも日常の生活が
取り戻せていない状況の方がまだまだ多くいらっしゃるという現実を見てきました。

メディアで見るのと実際に見るのとでは入ってくる情報の厚みが全く違います。
メディアを通しての情報はどうしても他人事・別の世界のものとなりがちですが、
被災地に実際に入れば、そこで生活していた人たちの想いに触れずにはいられません。

私たちは主に土砂のかき出し作業を行いました。
20人くらいで一軒を担当しましたが、丸一日かけても一軒分のかき出しも終わりません。
どれだけボランティアを必要としているかがわかるかと思います。
家の周りだけではなく、床下、倉庫といたるところに土砂は流れ込んできていました。
土砂のかき出しの中では、私たちにはゴミに見えても、その家の人にとっては大切なもの
も沢山出てきます。「被災者の思いに沿って作業を行う」というボランティアセンターの
スタッフの言葉の重みを感じました。

最後に、「これは無理だろう…」と諦めかけていた、倉庫を突き破って流れてきた大木を、
みんなで協力して泥をこさぎ落とし、小枝を切り落とし、絡みついた鶴を切り、幹をのこぎりで
切断してやっと回収できた時の感動はひとしおでした。

いつ自分たちが被災者になるかわかりません。
「昨日まではまさか自分がこんなことになるなんて…」というのが自然災害です。
「何かひとつでも自分にできることがあれば」その想いが一日も早い被災地の復興へと
つながります。

これからもボランティアに従事される皆さんにおかれましては、くれぐれもお体に気をつけて
作業を行って下さい。
そしてまだまだ被災地ではボランティアを必要としています。
協力できる方は是非ボランティアセンターに連絡することから始めてはいかがですか。
posted by 書記局 at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月27日

そうだ ボランティア、行こう。G

 さて、自衛隊のお風呂でさっぱりした後、再びマイカーに乗ったのが17時。

 渋滞にはまりつつ、サービスエリアでゆっくりお土産を買い、自宅に到着したのが18時半。

 一日でいろんな経験をし、とても勉強になりました。

 ボランティア活動に行ったつもりでしたが、ボランティアの私たちの方が、大勢の方々に支えられていること。

 泥の掻き出しを開始してから30分でお腹がペコペコになったこと。
(いつもどおりパンと牛乳の朝食だったのですが…。親の実家(農家)に行った時にやたらとまんじゅうやらバナナやら食べ物を出される訳が分かりました。食べないと持たないのです。ボランティア当日は朝食はガッツリと、ですね)

 冷たい麦茶がものすごくおいしいこと。
(飲み物はいろいろ持って行ってはいたのですが…。ぬるくなったペットボトルを口につけてもあまり水分補給が進まず、意外と水分要らないな〜と思っていたら。おうちの方に出された冷たい麦茶はグビグビといくらでも入りました。感謝。本当は私の体は水分を欲していたのですね)

 活動は欲張ってはダメなこと。無心で、無理なく。
(ボランティアセンターに戻った時、救急車で運ばれる人を見ました…)

 本当にちょっとずつしかスコップで泥を掬えない自分を「無力だ」と嘆く必要はないこと。
(最終的にはみんなの力で溝をほぼ全て浚うことができましたから。まさにアリ。労働組合活動をやっていると『我々は微力ではあっても無力ではない』という言葉を聞く機会がありますが、通ずるものがあります。なんちゃって)

 世の中には優しい人たちがいっぱいいて、その人たちと出会えること。
(また会いたいですね〜。組合活動をしていれば大野城市の若手3名とはまたいつか会えるかもしれませんね)

 まだまだボランティアの手は足らないこと。
(『継続は力なり』。作業中、おうちの方は長年手入れしていたきれいな庭が一面泥だらけになったことを悲しんでいらっしゃいました。その時はかける言葉が見当たらなかったのですが…。今日溝を全て浚えたように、ちょっとずつでも続けていれば、いつか庭も町も元通りになると今は確信しています)

 等々…。

 なんだか感謝の気持ちでいっぱいになりながら家に帰ったのでした。まる。

 ちなみに、感謝の気持ちの行き所がそれだったのか、家族と職場の人にお土産を買って帰りました。なるべく生産者が朝倉に近いものを選びつつ…。

 あとは体が引き締まっているといいなあ…(^ш^)
posted by 書記局 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

そうだ ボランティア、行こう。F

 ボランティアセンターに戻って道具を返却する際に、正直に一輪車のうち1台(「柳川市」と書いてありました)が壊れた旨を申告すると、「あ、直しときま〜す」と軽〜く言われました。

 道具を集積している場所の隣をよく見ると、バケツに座ってチュインチュイーン/★と、電動カッター?のようなものを使って修理をしていらっしゃる方の後ろ姿が!

 職人さんでしょうか…?あの人もボランティア…?それとも…?

 いずれにせよ、本当に何から何までボランティア受け入れ体制が整えられていて、びっくりしました。

 また、隣の朝倉体育センターでシャワーを浴びられると聞き向かったのですが、なぜかシャワールームが施錠されており、それをスタッフの方に伝えると、なんと自衛隊に掛け合ってくださって自衛隊のテント風呂に入らせてもらえることに!!

 こんなことは一生に一度あるかないかでしょう…。

 自衛隊の隊員の方に握手して感謝を伝えました(^v^)
 
一輪車.jpg
posted by 書記局 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

そうだ ボランティア、行こう。E

(作業の説明のため長文失礼)

 さて、泥の掻き出しです。これがまあ大変。

 溝に降りてスコップで掻き出すのですが、水分を含んでいるので想像よりはるかに重いのです。

 どのくらい重いかというと、欲張ってスコップいっぱいに泥を掬うと持ち上げられないのです。

 泥を掬う係が溝の上に置いたザルに泥を盛ったら、今度は泥を一輪車に入れる係がザルを持ち上げられません。

 何度も持ち上げるのはきついので、極力いっぱい盛られてから持ち上げたいのに…。

 一輪車も一輪車で、欲張って泥をたくさん積んでから動かすと、重すぎて倒れる。せっかく積んだ泥が…。何度も倒れるシーンを見ました(涙)。

 一輪車に積んだ泥は、おうちの方の農業用トラクターのショベル部分に入れ、集積場までこまめに運んでいただくのですが、ショベル部分いっぱいに泥を入れると、トラクターの馬力をもってしても持ち上がらない。すごい(@0@;)

 泥が重い→きつい→楽をしたいから欲張る→泥がこぼれてやり直し…を何度繰り返したことか。

 そう、けっして欲張ってはならない。ボランティアでヒーローにはなれない。アリになった気持ちで少しずつ運ぶしかないのです。

 ボランティア受付所での説明で、「15分おきに休憩してください」と言われた時には『そんな大げさな…』と内心思っていたのですが、大げさでも何でもありませんでした。

 きつい上に暑いので、無心(あるいはボーッとして)でひたすら作業するのですが、あやうく溝に落ちそうになりました。

 ゴム手袋も泥でズルズルなのでスコップが滑る滑る。泥で汚れているので汗が拭けない。

 受付での指示どおり、15時に作業を切り上げました。といいますか、それ以上は無理だったでしょう。

 でも15時を目標に最後の一踏ん張りをした結果、おうちの溝をほぼ全て浚うことができました。気持ちいい〜\(^o^)/

 受付所の道具洗い場は混むだろうということで、おうちの水道(とケルヒャー)をお借りし道具を洗わせてもらったのですが、泥汚れが意外と頑固で時間がかかりました。ケルヒャーがなかったらもっと大変だったと思います。本当に便利ですね〜。欲しくなります^^

 約1名の犠牲者(腰をやった)を出したものの、作業は無事終わり、社協の方に再び車で迎えに来ていただきました。感謝。
posted by 書記局 at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

そうだ ボランティア、行こう。D

 ドナドナされて現地に着くと、そこは農家のお宅でした。

 広い敷地内にも家庭菜園や植込み等があったようですが、とりあえず自宅や倉庫等の建物が無事な他は、全て地面は真っ茶色。

 私達を乗せた社協の車が家庭菜園(と思われる部分)に車を停めたので、怒られるんじゃないかとドキドキしながら車を降りたのですが、おうちの方は皆さんほがらかでホッとしました。

 とりあえず家の周りの溝(たぶん用水路)の泥の掻き出しを依頼されたところで、メンバー10人で自己紹介。

 大野城や古賀等の県内から来た人もいれば、大阪や遠くは山形からという人も。
 車でやって来たので、近くの道の駅で持参したテントに寝起きし、一泊二日でボランティアするのだそうです。

 10人中、女性2人男性8人。

 昼食時に色々とお聞きしたところ、自分含め5人は自治体職員で、1名は高校(公立か私立かは不明)のラグビー部の先生、山形の1名は社協の職員の方でした。

 平日のボランティアは条件が整わないと難しいよなあ…とあらためて感じました。
 送り出してくれた職場に感謝。
posted by 書記局 at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

そうだ ボランティア、行こう。C

 朝倉球場に到着後、不安や期待で胸を膨らませながら受付テントに進むと、流れ作業のように受付〜ボランティア保険加入〜説明〜マッチング〜チーム分けと、あっという間に進みました。

 マッチングは、「泥の掻き出しできる人〜?」と呼ばれて「ハイッ」と手を上げたらそれで終わり。

「じゃああなたとあなたと…これで1グループで〜す」と10人で1チーム作られました。

 手を上げた以外は全て受け身で、気づいたら10時過ぎには車に乗せられてボランティア先のお宅へドナドナされておりました。

 ここまでおっそろしくスムーズなのも全てボランティアセンターを運営している社会福祉協議会の人達の努力の賜物だと思うと頭が下がります…。

 あ、ちなみに泥の掻き出しはできないという人でも、他にもいろいろお仕事はあるようです。

 ボランティアに行ったお宅での写真撮影は禁止とのことで、↓は車から見えた風景です。もと田んぼ。
田んぼ.jpg
posted by 書記局 at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

そうだ ボランティア、行こう。B

 ボランティア当日朝(月曜)、「朝倉は近いし、起きる時間はいつもどおりでいっかな〜」とのんきに構えていたら、案の定30分寝坊しました…。

 それでもマイカーのカーナビにボランティア受付場所である朝倉球場を入力すると、なんと「到着予定時刻:8:57」と表示されるではないか!所要時間約40分!

 受付時間が9〜11時だからちょうどいいや〜♪と、思いきや。

 通勤ラッシュに捕まり、着いたのは9時半でした…。

 そんな私でもボランティアセンターの方々は優しく受け入れてくださいました…。

 受付.jpg
 写真は受付終了後の入り口。作業時間の確保のため、午前11時で受付けは終了されます。ホワイトボードに「本日の受付は終了しました」と書いてあります。
posted by 書記局 at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

そうだ ボランティア、行こう。A

 カタチから入るタイプの私は、さっそく土日に近くの作業服屋に行きました。
 
 ネットに掲載されていた、「水害ボランティア作業マニュアル」を見ながら…。
 
 ◯ヘルメット?重い、いらん!自前の野球帽でいいや!
 ◯ゴーグル…。いらんと思うけどまあ一応買っとくか…。自分用だからちょっとお高めのカッコイイやつ。
  1140円。
 ◯防塵マスク…。これもまあ一応…。
  使い捨て5枚入670円。
 ◯名札?いるんかいな?(なぜかたまたま自宅に転がっていたので)コレ持ってこ。
 ◯ゴム手袋。持っとる。(昔よく登山に連れて行ってくれた元上司がくれたやつ)
  販売価格350円。
  もっと安いやつは10組入り1000円。
 ◯ヘッドライト。これまた元上司に買わされた(?)登山用のがあるけん念のためこれ持ってこ。
 ◯長靴。確か家に(数年前の八女の豪雨災害ボランティアの時にも使わせてもらった)父親のがあったはず…と思ったら、大分前に壊れたとのことでお買い上げ。しゃーない、父親サイズで買ってあとはプレゼントしよう…。
  2900円+釘貫通防止中敷き1000円

  ゴーグル+防塵マスク+長靴+中敷きで、しめてトータル5710円でした。

  あまりにテキトーに準備しているので、皆さんは決してマネしないでください…責任は持てません。

 ※スコップやデッキブラシ等の道具は家の倉庫に転がっているものを適当に持って行きましたが、必要な道具は全て朝倉市ボランティアセンターで貸してもらえました。ありがたや〜。ゴーグル.jpgマスク.jpg長靴1.jpg長靴2.jpg中敷き.jpg

posted by 書記局 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月26日

そうだ ボランティア、行こう。@

 朝倉市にボランティアに行ってきました。

「そうだ ボランティア、行こう。」のノリで。

 金曜の夜に思い立って、手帳の来週のページを開いたら、「う〜ん…月曜かな?」

 ホントはボランティア休暇といって、事前にポータルにも掲載されているボランティア計画書を添付して申請すれば取得できる休暇があるんですが…。

 あまりに(無計画な)思いつきだったので、月曜の朝に電話で夏季休暇を申請することにしました。

 しかも、ネットを見てみると、なんと!申請すれば高速道路料金(片道1000円程度)も無料になるやないか!

 もうちょい早く計画していれば…。

 私の人生の行き当たりばったり感が前面に押し出されてますね。

 こんな私でも、朝倉市のボランティアセンター(朝倉市朝倉球場。朝倉市宮野2003-1)の方々は優しく受け入れてくださいました…。予約は要らないそうです。

 皆さんが行かれる時は、少なくとも私よりは計画的であることでしょう…。
posted by 書記局 at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記